公開記事
ピルの正しい知識を身につけよう!

症状によってはピルを安く手に入れることができる?

ピルは、婦人科などで検査を受けて服用しても問題がないとわかったら処方されることになっています。

基本的には自由診療であるため普通の診察料に比べると費用が高くなるのが一般的です。
加えて、初診料、検査料や処方料などもかかりますので医療機関によっても異なりますが1万円近くかかることも普通です。

少しでも安くピルを手に入れたいと考えるのであれば、処方料や初診料などが必要のないネットなどで海外から個人輸入して購入すれば薬代の費用だけで済みます。
最近では、直接個人で輸入するのが不安という人のために海外輸入代行サイトなどもありますのでそういったところから手に入れるのも良いでしょう。

ただ、ネットで購入した場合には、服用して何か体に問題が起きても自己責任になってしまいますので、注意が必要です。
また、中には悪質な代行サイトなどもあり、代金だけ先に払わせて物自体は送ってこないようなところも存在しますので、良心的なサイトかどうか自分で見極めなければいけません。

そのため、初めてピルを服用するのであればやはり婦人科で処方してもらうのが安心だといえますが、費用の面を考えると躊躇してしまう人も多いことでしょう。

実は、婦人科などの処方でも身体の症状によっては安く手に入れることができます。

たとえば、重い生理痛の症状やPMS、月経過多などの症状を抱えていて日常生活に支障をきたすような状態であれば病気と判断されますので保険適用が可能になります。

保険適用ができれば通常の費用よりもかなり下げられることが期待できます。
クリニックによっては、そこまでひどい症状ではなくても処方費用を安くするために保険適用してくれるところもあるかもしれませんので、まずは婦人科で相談してみるのが良いでしょう。

  • 海外ではレイプ被害に遭う女性が多数存在します。そのため、女性自身が自らの身を守るためにピルを服用しています。その結果、悲惨な被害に遭われても望まない妊娠は減少傾...

  • 近年では、我が国においても低容量タイプのピルが解禁となっており、より副作用のリスクを減らしながら、避妊薬を服用できるようになり、女性に取っては、とてもうれしい時...

  • 初潮を迎えてから閉経まで女性が付き合っていくもの、それが生理です。生理中は様々な不快症状によりブルーな気分に陥ります。生理痛のほか、月経の量が増える2日目にはモ...

  • 女性の避妊対策にも大きな力を発揮してくれるピルですが、初めて飲む人であれば、一時的に不調を感じることがあります。基本的には副作用がないと言われる医薬品ですので、...

  • 望まない妊娠を、確実に避けることのできる避妊薬であるピル、近年日本でも解禁となった低用量ピルは、副作用のリスクも低く、毎日忘れることなくきちんと服用していれば、...

  • ピルを服用するようになると、痩せようと思ってもダイエットしにくくなります。でも実際には、順調に痩せるコツは、医薬品よりも食欲のコントロールにあります。避妊目的を...

  • ピルは、婦人科などで検査を受けて服用しても問題がないとわかったら処方されることになっています。 基本的には自由診療であるため普通の診察料に比べると費用が高くな...