公開記事
ピルの正しい知識を身につけよう!

低用量ピルで不快な生理症状を和らげよう

初潮を迎えてから閉経まで女性が付き合っていくもの、それが生理です。生理中は様々な不快症状によりブルーな気分に陥ります。生理痛のほか、月経の量が増える2日目にはモレが心配になって落ち着かなかったり、夏場はナプキンによるムレやにおいも気になります。また症状が酷い場合、あまりの痛みや貧血で寝込んでしまう人もいるくらい、生理は人によってとても辛いものになります。不快な生理症状はホルモンの働きによるものや、体の冷えが原因であったり、実は大きな婦人病のサインであることもあります。そのため、症状が酷く辛い場合は、病院で病気の可能性がないか診察を受けることが必要です。手術が必要となるような大きな病気の心配がない場合は、症状を緩和するために低用量ピルを取り入れてみることを考慮してもいいでしょう。副作用が怖いという印象があるピルですが、欧米諸国ではかなり前から避妊法の一つとして浸透している方法で、近年では日本においても低用量ピルの導入により副作用が軽減したことから、婦人科の先生からも不快な生理症状緩和のためにピルの服用をすすめられたことがある人は多いのではないでしょうか。実際に、低用量ピルには月経リズムを整えたり、月経量を少なくする効果のほか、月経前のイライラや精神不安などのPMSの治療にも使われています。ホルモンバランスを整える効果もあるため、生理前のニキビや吹き出物で悩んでいた人も、低用量ピルのおかげでお肌が劇的に改善したという報告もあります。もちろん、薬を飲むことに抵抗を感じてしまう人もいるでしょう。当然、日々のバランスのとれた食生活、規則正しい生活リズム、適度な運動など、できるだけ自然な方法で普段から体のコンディションを整えてあげることが重要です。低用量ピルの長期服用はおすすめできませんが、あまりにも辛い不快症状に苦しんでいる場合は、我慢せずに婦人科の医師に相談してみましょう。

  • 海外ではレイプ被害に遭う女性が多数存在します。そのため、女性自身が自らの身を守るためにピルを服用しています。その結果、悲惨な被害に遭われても望まない妊娠は減少傾...

  • 近年では、我が国においても低容量タイプのピルが解禁となっており、より副作用のリスクを減らしながら、避妊薬を服用できるようになり、女性に取っては、とてもうれしい時...

  • 初潮を迎えてから閉経まで女性が付き合っていくもの、それが生理です。生理中は様々な不快症状によりブルーな気分に陥ります。生理痛のほか、月経の量が増える2日目にはモ...

  • 女性の避妊対策にも大きな力を発揮してくれるピルですが、初めて飲む人であれば、一時的に不調を感じることがあります。基本的には副作用がないと言われる医薬品ですので、...

  • 望まない妊娠を、確実に避けることのできる避妊薬であるピル、近年日本でも解禁となった低用量ピルは、副作用のリスクも低く、毎日忘れることなくきちんと服用していれば、...

  • ピルを服用するようになると、痩せようと思ってもダイエットしにくくなります。でも実際には、順調に痩せるコツは、医薬品よりも食欲のコントロールにあります。避妊目的を...

  • ピルは、婦人科などで検査を受けて服用しても問題がないとわかったら処方されることになっています。 基本的には自由診療であるため普通の診察料に比べると費用が高くな...