公開記事
ピルの正しい知識を身につけよう!

ピルはネットが最安、まとめ買いは値引き率も大きい

望まない妊娠を、確実に避けることのできる避妊薬であるピル、近年日本でも解禁となった低用量ピルは、副作用のリスクも低く、毎日忘れることなくきちんと服用していれば、ほぼ百パーセントに近い確率で妊娠を回避することができるといわれています。避妊を男性任せにし、失敗した時には、全ての責任を背負わなければならないのは女性自身です。心身ともに深く傷ついてしまうことは必至で、危険を伴う中絶手術は、できるだけ回避しなければなりません。その為にも日本人女性も、諸外国の女性同様にピルの服用を習慣付けて、自分の妊娠時期は自分で決定できる賢い大人の女性になりましょう。ピルを飲みたいという場合は、一般的に婦人科を受診して、問診や内診、血液検査などを経て、ピルを服用しても問題ないと診断が下されれば、飲み方の指導を受けて実際に処方してもらう、という流れとなりますが、初回は初診料に検査代、診察代、薬代と加算され、かなりの負担となってしまいます。避妊目的でピルを服用する場合には、保険は適用されないので、薬代はあくまでも病院側の言い値となり、クリニックによって多少の差はありますが、やはり三千円前後が通常のようです。これを毎月服用するとなると、金銭的負担は大きいので、自分の身体に合ったピルが見つかれば、インターネット通販で購入することをお勧めします。ネットでは海外の医薬品を扱う個人輸入代行業者があり、クリニックで処方してもらうのと同じ薬が、半値や三分の一以下で購入できます。まとめ買いすれば、最安値で買いつけることも可能なので、継続して飲み続ける場合にはこの方法が最適です。日本のクリニックでは、まとめて買ってもワンシート当たりの金額は変わらないので、ネット購入がリーズナブルでお得です。

  • 海外ではレイプ被害に遭う女性が多数存在します。そのため、女性自身が自らの身を守るためにピルを服用しています。その結果、悲惨な被害に遭われても望まない妊娠は減少傾...

  • 近年では、我が国においても低容量タイプのピルが解禁となっており、より副作用のリスクを減らしながら、避妊薬を服用できるようになり、女性に取っては、とてもうれしい時...

  • 初潮を迎えてから閉経まで女性が付き合っていくもの、それが生理です。生理中は様々な不快症状によりブルーな気分に陥ります。生理痛のほか、月経の量が増える2日目にはモ...

  • 女性の避妊対策にも大きな力を発揮してくれるピルですが、初めて飲む人であれば、一時的に不調を感じることがあります。基本的には副作用がないと言われる医薬品ですので、...

  • 望まない妊娠を、確実に避けることのできる避妊薬であるピル、近年日本でも解禁となった低用量ピルは、副作用のリスクも低く、毎日忘れることなくきちんと服用していれば、...

  • ピルを服用するようになると、痩せようと思ってもダイエットしにくくなります。でも実際には、順調に痩せるコツは、医薬品よりも食欲のコントロールにあります。避妊目的を...

  • ピルは、婦人科などで検査を受けて服用しても問題がないとわかったら処方されることになっています。 基本的には自由診療であるため普通の診察料に比べると費用が高くな...