公開記事
ピルの正しい知識を身につけよう!

ピルの服用によりレイプ被害者の望まない妊娠が減少

海外ではレイプ被害に遭う女性が多数存在します。そのため、女性自身が自らの身を守るためにピルを服用しています。その結果、悲惨な被害に遭われても望まない妊娠は減少傾向にあります。日本での性犯罪は海外ほど多くはありませんが、知人や職場の上司から酔った勢いで乱暴され、泣き寝入りしている女性は少なくありません。性被害を受けただけでも女性の精神的苦痛ははかり知れませんが、その上に望まない妊娠をしてしまったとなればとても立ち直れるものではありません。ピルはそのような性被害から身を守るといった側面も大きいですが、そのほかにもたくさんのメリットがあります。まずは生理に伴う腹痛、頭痛、吐き気、肌荒れ、出血量の多さなどの諸症状を軽減することができます。毎月ひどい腹痛に悩まされ仕事を休んでいた女性が、服用を開始してから生理期間中も通常通り出勤が可能になったというような例がたくさんあります。次に、子宮内膜症や卵巣がんなどの女性特有の病気を予防することができます。子宮内膜症は強い腹痛を引き起こし不妊を招く病気ですので、将来的に子供が欲しい女性は気をつけなくてはいけません。ピルを5年以上服用すると卵巣がんのリスクが低下するといったデータも存在します。最近では晩婚化が進んでいますので、いざ子供が欲しいとなった時に健康な卵子で妊娠したいという女性がピルを服用するということお増えてきました。ピルは排卵を抑制できるため、卵巣を休ませることができるからです。女性にとってメリットが多い薬ですが、服用の方法を間違うと重篤な症状が出ることもありますので、快適な生活のために、医師の指示に従って正しい服用を心がけるようにしましょう。

  • 海外ではレイプ被害に遭う女性が多数存在します。そのため、女性自身が自らの身を守るためにピルを服用しています。その結果、悲惨な被害に遭われても望まない妊娠は減少傾...

  • 近年では、我が国においても低容量タイプのピルが解禁となっており、より副作用のリスクを減らしながら、避妊薬を服用できるようになり、女性に取っては、とてもうれしい時...

  • 初潮を迎えてから閉経まで女性が付き合っていくもの、それが生理です。生理中は様々な不快症状によりブルーな気分に陥ります。生理痛のほか、月経の量が増える2日目にはモ...

  • 女性の避妊対策にも大きな力を発揮してくれるピルですが、初めて飲む人であれば、一時的に不調を感じることがあります。基本的には副作用がないと言われる医薬品ですので、...

  • 望まない妊娠を、確実に避けることのできる避妊薬であるピル、近年日本でも解禁となった低用量ピルは、副作用のリスクも低く、毎日忘れることなくきちんと服用していれば、...

  • ピルを服用するようになると、痩せようと思ってもダイエットしにくくなります。でも実際には、順調に痩せるコツは、医薬品よりも食欲のコントロールにあります。避妊目的を...

  • ピルは、婦人科などで検査を受けて服用しても問題がないとわかったら処方されることになっています。 基本的には自由診療であるため普通の診察料に比べると費用が高くな...