公開記事
ピルの正しい知識を身につけよう!

ピルを服用するメリットとは?

ピル 通販
▲ピルをお求めなら通販がオススメです

ピルを服用するメリットとは、どのような内容なのでしょう。
日本人女性における普及率としては、1%から3%という低い数字にあります。
海外女性には身近な医薬品であっても、国内の日本女性には、まだまだ浸透していると言い切れない低い数字です。
でも避妊子価が高いために、正しい使用により避妊効果は99.9%にもなります。
低用量ピルのタイプであれば、ホルモン作用は弱いために、強異副作用に悩まされることもありません避妊を目的とするだけではなく、月経不調やひどい月経痛、それに月経前症候群の改善にも効果を発揮することになりますので、女性の抱えているデリケートな悩みに対して、幅広く対処する成分を含んでいます。
こうした避妊や月経関連のコントロールにも活用できる他にも、女性には願ってもないメリットまで持ち合わせています。
月経が訪れるたびに、お肌にニキビができるのも、多くの女子の悩みです。
ピルを飲むことで、大人ニキビのできにくい素肌状態へと導かれていきます。
服用によって体内では、排卵前後のアンバランスなホルモンの動きがなくなります。
体内ホルモンの調整によって、皮脂分泌の活発な状態から引き起こる大人ニキビは、症状が出てこないことになります。
男性ホルモンの過剰な働きを抑えるので、吹き出物対策にもなります。
ほかにもメリットとして、女性関連の病気の予防にも役立つことになります。子宮内膜症をはじめ、子宮がんや卵巣がんの予防にもなります。
高齢出産も増加した日本ではありますが、妊娠確率が35歳以上でも高まる可能性もあると言われています。
ですからピルの服用のメリットとして、自然妊娠の確率もアップルする期待が持てるということです。

ピルを服用してはいけない人とは?

妊娠を女性自身でコントロールするために、効果的なのが経口避妊薬であるピルです。
国内で販売されるようになってから10年以上経過し、その安全性、信頼性も高まってきました。
ピルは排卵を抑制することで、妊娠を避ける薬であり、適切に服用すれば100%に近い確率で、避妊効果を発揮するといわれています。
女性自身で選択し服用することができる代表的な避妊方法といえるでしょう。
多くの女性にとって、「いつ妊娠するか、しないか」というのは非常に重要な問題です。
妊娠は人生を大きく変化させるものであり、そのタイミングをコントロールすることはキャリアや生活を円滑にすすめるために非常に大切なことだといえます。
高い効果を持つピルは、多くの女性にとって非常に価値のあるものでしょう。
しかし、すべての人がピルを服用することができる、というわけではありません。
体質などによっては、服用不可となっていますので、注意が必要です。
ピルを服用してはいけない人として、まず挙げられるのが、過去の服用で過敏症を起こした場合です。
また、乳癌や子宮頸癌の疑いがある人、性器出血等がある場合も服用できません。
その他にも、高血圧・肝障害・耳硬化症などにかかっているなども不可となります。
年齢に関しては、40歳を超えている場合は、服用に際して慎重になる必要があります。
また、35歳以上の喫煙者であり、1日の喫煙本数が15本を超える場合は、服用することが出来ません。
その他にも、何らかの病気がある場合は、服用できない可能性があります。
効果の高い薬である分、服用にはより一層の注意を払い慎重になる必要があります。
かかりつけ医にしっかりと相談し、服用するべきかどうかを判断しましょう。

ピルの正しい服用の仕方とは?

ピルは女性をサポートしてくれる薬です。
何となく飲む事に抵抗を感じるなどの理由で、嫌煙している女性も少なくありませんが、女性が感じる様々な不快な症状を緩和したり、望まない妊娠も予防する事ができます。
ですので、嫌煙せずに試してみてはいかがでしょう。
特に避妊の効果は高く、正しく服用すれば100%の確率で妊娠を防げます。
これはピルに含まれるホルモン剤の作用によって、体内の女性ホルモン量が一定となり排卵をストップする為です。
受精卵となる卵子が無ければ、妊娠は確実に起こりません。
今は妊娠を望んでいないという女性は、積極的に取り入れたい薬です。
ただ、間違った服用方法をしてしまうと排卵し、妊娠の確率がグンと上がってしまう為、注意しましょう。
ピルは毎日飲む事で効果を発揮します。
飲み忘れてしまうと女性ホルモンバランスの変化から、排卵してしまうかもしれません。
ピルは飲み忘れないと言う事が大切です。
また、できるだけ服用は同じ時間帯にしましょう。
例えば朝いつも飲んでいたいに、急に夜飲み始めるといった服用方法だと、ついうっかり飲み忘れてしまいがちです。
また、毎日同じ時間帯に服用する事で、常に女性ホルモン量がキープされます。
できるだけ同じ時間帯に服用するという事もコツです。
ピルには21日間服用した後、7日間休薬といって薬を飲まない期間を設けるタイプと、21日間本薬を飲み続けその後に7日間疑似薬を服用するタイプとがあります。
疑似薬とはホルモン剤を含んでいないもので、飲み忘れを起こさない為に用意されています。
飲み忘れが心配という方は、疑似薬も含めて28日間服用を続けるタイプのピルがおすすめです。
正しい服用を行う事がピルの効果を、最大限引き出す事に繋がります。

  • 海外ではレイプ被害に遭う女性が多数存在します。そのため、女性自身が自らの身を守るためにピルを服用しています。その結果、悲惨な被害に遭われても望まない妊娠は減少傾...

  • 近年では、我が国においても低容量タイプのピルが解禁となっており、より副作用のリスクを減らしながら、避妊薬を服用できるようになり、女性に取っては、とてもうれしい時...

  • 初潮を迎えてから閉経まで女性が付き合っていくもの、それが生理です。生理中は様々な不快症状によりブルーな気分に陥ります。生理痛のほか、月経の量が増える2日目にはモ...

  • 女性の避妊対策にも大きな力を発揮してくれるピルですが、初めて飲む人であれば、一時的に不調を感じることがあります。基本的には副作用がないと言われる医薬品ですので、...

  • 望まない妊娠を、確実に避けることのできる避妊薬であるピル、近年日本でも解禁となった低用量ピルは、副作用のリスクも低く、毎日忘れることなくきちんと服用していれば、...

  • ピルを服用するようになると、痩せようと思ってもダイエットしにくくなります。でも実際には、順調に痩せるコツは、医薬品よりも食欲のコントロールにあります。避妊目的を...

  • ピルは、婦人科などで検査を受けて服用しても問題がないとわかったら処方されることになっています。 基本的には自由診療であるため普通の診察料に比べると費用が高くな...